LifeLine Pavoの電池残量、勘違いしてたっぽい。

 先日、いきなりフラッシング(点滅)モードになって、スイッチが赤くなったことに驚き再充電したわけなんだが、夕方乗って点けてみると依然点滅モードだった。さすがに充電直後にこれはおかしいだろうと思っていろいろ試してみたら、スイッチ部分が青になり、常時点燈状態になった。まぁやることといえばボタンをクリックするか長押しするかだけなのだが、どうやら長押しするとライトON/OFFを境に、点燈モードと点滅モードの切り替えも仕込まれているようで、自分はうっかり長押ししすぎて点滅モードに切り替わっていたらしい。
 帰宅して取説を読んでみると、たしかにそのようになっているようで、自分、点燈消燈の切り替えが長押しであること、電池残量が少なくなると電源ボタンが青から赤に切り替わるというところだけしか目に入っていなかった。その下に点燈点滅モードの切り替え(長押し3秒以上)の記述が確かにあり、そこを読んでいなかったから面食らっていたわけだ。ちなみに点燈状態では電池残量問題なしのときは青で、少なくなると赤に切り替わるが、点滅モードでは電池残量が十分だと赤で、少なくなると青になるということらしい。


 電池容量については、残量が10%でボタンの色が切り替わるのでまた気をつけておきたい。中華18650ライトは、そういう予告なしにいきなりライトがつかなくなるので、予備の電池を持っていないと慌てることになる。そういう意味では親切だとは思う。



 あとハンドル周りのアクセサリーをどうしようかと思ってる所。いちおうこれでサイコンとライトはほぼ目的通りで、ベルを付けるところまでいった。サイコンとPAVOがステム右側で、ベルが左なのだが、まだ左にもうひとつぐらい付ける余裕はある。シルクロードはライトを2つ付けていたのでそうするかどうかといったところだが、まぁ普通に考えてこれで一段落だろう。そろそろハンドルのセッティングに踏ん切りつけてバーテープを巻いていきたい。

中華新サイコンとLifeLine Pavoのセッティングを詰める。

 夜半すぎに台風も通り過ぎ、雨も降らなくなったので、ちょっと乗ってきた。
 やはり前回の取り付けのままでは全然使い物にならないので、自転車を路脇に止め、ステーの位置を変更した。すなわち変更前は向かってステム右側にサイコン左側にライトだったのが、変更後はどちらもステム右側に寄せたのだ。サイコンのビームが右側によっており、サイコンが取り付け位置より左に寄るので、ライトを左、サイコンを右に取り付けると、ちょうどライト正面にサイコン画面が位置することになる。街燈下で作業したのだが、明るいほうが作業性が良いといっても自宅まで帰って取り付け位置変更してまた出かけるのはめんどいので、出先の作業性は悪い。が、携帯ツールでなんとか仮止めに近い状態でセッティング完了。



f:id:corydalis:20190816033342j:plain
 これもちょっと見た目とは違っている。実際はもうちょっとサイコン画面が明るくてかなり見易くなっている。正直これだけ視認性が上がってしまうとサイコンのバックライトはお払い箱といってよい。
 但しちょっと問題があって、サイコンの視認性を上げるためにサイコン画面をこちらに向けてしまうと、当然ながらライトを遮ってしまうので路面を照らさなくなってしまう。なので、サイコンは向こうに傾ける形、すなわち下り坂のようにセッティングしないといけない。そういう工夫をしてもやはり自転車手前3㍍ぐらいを照射するのを捨てることにはなる。
 あと、画像を見てもらうと判ると思うが、サイコンの上面と表示パネルの間に距離があるので、一番下の表示部が影になって見にくい。このサイコンだとちょうど時刻表示なので惜しい限り。しかし、時刻表示を確認したいときは手をライトの上部からかざすようにして光を手のひらで反射させると十分に視認できるので、これは実用上問題ない。サイコンのバックライトを表示させる手間を考えたら手軽。どうしても時刻をいつも確認できる状態にしたいのならサイコンのバックライトを常時点灯させとけという話になる。


 さて、サイコンも大体100㌔近く使ったと思うが、今の所すこぶる快調。前のサイコンだと使用開始早々信号を拾わなかったりして、マグネットとセンサーの位置をあれこれ調整していたりしたが、今回のはポン付けで一切手を入れなくても正常に動作してる。オートオンオフなのだが、前のサイコンが振動センサーで自転車がちょっとでも動けば起動していたが、これはそんなに過敏ではない。動かしても表示しないからオヤっと思うが、走り始めて5~6秒ほどすれば起動するので、自分にとっては機器切り替え時における慣れの問題だと思う。


 ライトの方だが、ちょっと変わっているのがライトのオンオフがどちらもボタン長押しなこと。ポンポンとボタンを押す動作はモード切り替えのみ。大抵のライトがライトのオンは長押しでなくても点くのでちょっと面食らうかも。
 購入して充電したのだが、どれだけ残っていたのか不明だが4時間ほどで充電が完了。残量が少ないとボタン部のLEDが赤くなり、残量が十分だと青になる。これは使用中も充電中もそうみたい。充電してると本体は結構熱くなるのでちょっと心配なところである。
 Wiggleのレビューだとスポット配光という書き込みがあったが、自分が前に使っていた18650中華ライトに比べたら十分にワイドに照らしてくれてる。耐久性を見ないとわからないが、このようなサイコンを照らすという用途でなくてもライト単体での性能もフツーなのではなかろうか。


 サイコンのステー、ビームがハンドル上部から伸びているのだが、これがもしハンドル下部から伸びる形だったらこのような用途に最高かも。ハンドル下部から伸びればサイコン画面とハンドルを面一にすることができて、(自分には全く影響ないだろうが)エアロ効果も期待できるだろうにと勝手に妄想してた。ステーの自作は強度を考えたらとても手が出ないわな。

夕方に昼光時のサイコンの見え方を確認してみた

 夜間走行時に最適化しても、大抵走っている時間は昼間が多いので、そのとき表示が見えにくかったら本末転倒。確認のためにわざわざというほどでもないが、夕方出かけるときに画像を撮ってみた。


f:id:corydalis:20190816180437j:plain
 夜間にセッティングを詰めたそのままで横から見てみると、サイコンの傾き方やはり半端ない。ライトも傾いているが、路面を照らす目的からするとこれは正常。中華ライトでもこのぐらい傾いていたような。


f:id:corydalis:20190816180908j:plain
 ブラケット(ハンドル水平部も)や下ハンを握ったときのサイコンの見え方。まぁ夜間ですら表示が見えるのだから、これで表示が見にくくなるはずもなく。下段の時刻も問題なくはっきり見える。


f:id:corydalis:20190816180919j:plain
 ところが、サドルに跨って体を垂直にしてサイコン表示をみようとすると、パネルが途端に見えづらくなる。うーん。とはいえ、自分は信号待ちのときもサドルから腰を落としてトップチューブに跨る…なんてことはほとんどしない。大抵サドルに腰を乗せたままハンドルからも手を離すことはないから、こういう場面は少ないので、問題ないといえばない。


 こういう使い方をするという想定が、ライト側にもサイコン側にもないわけで、そりゃ全てが万事うまくいくはずもない。まぁだいたいにして今ドキは、サイコンもGPS機能のついたものがハイエンドとしてメジャーになりつつあるんで、もうサイコン側のバックライトを充実させるって方向性なんだろうね。


 あと、Pavoライトだが、なんかこのお出かけから帰宅途中に電気切れになりかけた。ボタンが赤くなり、点燈が点滅モードその他になる。テンポの違う点滅が二種類と、あと光の強弱が間欠的に入れ替わるモード一種類。ライト、いちおう満充電してから昨夜の40分ほど、そしてこのおでかけのせいぜい5分ほどでこうなったから、ちょっと短すぎやしませんかね?といった所。いちおうカタログデータだと、フル発光の720ルーメンモードで一時間半持つって話で、一番弱いモードで10時間以上という性能を買って購入しただけに残念。フル発光モードも試しはしたんだが、夜間走行中はいちおう暗いモードで走っていたつもりなんだけどな。質の悪い充電池を使っているのかねぇ。その点、ちょっと前まで使っていた中華18650ライトは、構造が単純なせいか、まさに電池の性能のみで持続時間が決まるわけで、中華ライトのほうが使い勝手が良いといえば良い。
 なんのかんのいって、ライトはライト、サイコンはバックライトという役割分担のほうがスッキリするのかも。

コップクラフト、いちおう視聴してる。

 なんかどっかで見たような感じがしてたのだけども、うろ覚えだが昔宣伝ページをウェブで目にしてたかも。紹介文程度で中身は一切見てないはず。
 なんつーか、フツーに面白いものを感じるのだが、個人的には微妙感がつきまとう。あちらの雰囲気を拝借するぐらいだったら、正直アメリカン刑事ドラマを直接視聴したほうがよくね?とずっと思ってる。なんであちらのスタイルを持ってきたのか?というのをつらつら考えていたのだけども、日本の警察のあり方に疑問を呈し、あちらのやり方を踏襲すべきというふうにも見えない。移民法が日本でも通ってしまい、多民族共生のために理想とまでは言わなくてもこうあるべきというのだとしても微妙。
 あとこれもずっとそうなのかなと思っていたのだが、主人公の相方として登場してる異世界人のティラナ、おそらく日本人のメタファーなんだろうなということなのだが、これもどうもはっきりしない。思い立ったら人権無視ですぐ行動というところは日本の警察のようでもあるし、かといって彼女のメンタリティが日本人か?と言われるとそれは違うとも思う。とはいえ、ティラナのあり方はそれこそ萌え類型でいうところの「ツンデレのじゃロリ」の範疇なので、そのへんはアニオタが求めるキャラクターではあるわけで、やはり日本を意識しているといってよいだろう。
 各話のトラブルシュートの題材も、なんかそれっぽくあちらでありそうな体裁になっているんだけど、これは概略でいうと別に日本でもあてはまる問題が結構あって、そのへんはうまく仕込んでるなという感じではある。原作それなりに人気があってアニメ化されているんだろうし、上記の通り、ぼんやり眺めている分にはよくできているんだが、なんか自分の悪い癖で、作者が何を伝えようとしているのかを考えるとどこかで引っかかる感じがして居心地が悪い。

LifeLine Pavo 720 Lumen Front Lightの取り付け

 前に購入を検討していたけど、中華ライトのほうが安かったのでもういいやとなってたライト。が、これで直接サイコンを照らせないのかどうしても気になって、ついに買ってしまった。セール特価で4700円だったこともある。なんか値段が乱高下する製品で、現在は7000円超になっているが、9000円ほどだったこともある。


 先月末に注文して、なかなか来ないなとやきもきしていた。そういや13日には届くってアナウンスがあったはずだが…と待っていたのだが、今日、もしかしてと気づいて確認してみたら玄関においてあった。いつ届いていたのかこれではわかんないな。


f:id:corydalis:20190814163737j:plain
 パッケージ。結構厚みのあるダンボールを使っているが、


f:id:corydalis:20190814163745j:plain
 廉価版メーカーらしくそれほどゴージャスな感じはしない。


f:id:corydalis:20190814163825j:plain
 内容物はたったこれだけ。だが別に付属品がたくさんあるほうがよいわけでもない。


f:id:corydalis:20190814164008j:plain
 ステーとライトの取付部。ライトを真横にして嵌め、90度回転させて進行方向に向ける。このギミックが気になっていたのだ。


f:id:corydalis:20190814164044j:plain
 これがライトを前に突き出す通常の使い方。


f:id:corydalis:20190814164115j:plain
 これこそが自分がやりたいと思っていた取り付け方。ライトを手前に引くように取り付けができる。製品の画像を見たときにはヤれると思っていたのだが実際にできるかどうかはわかんなかった。まぁ予想通りで大勝利といった感じである。


f:id:corydalis:20190814165009j:plain
 このライトはUSB充電式なのだが、このコネクタの防水用ゴムカバーが、最近買った中華サイコンのより薄い薄い。こんなんで防水効果あるのかな。


f:id:corydalis:20190814165026j:plain
 カバーを嵌めてみてもちょっと浮いていて心配なことこの上ない。


f:id:corydalis:20190814174018j:plain
 夕方仮止めしてみた。これが通常の取り付け方で、


f:id:corydalis:20190814174115j:plain
 その通常と反対向きに取り付ける。


f:id:corydalis:20190814205316j:plain
 本当はナイトライドして確かめたかったのだが折しもの台風で外は雨。玄関内で位置関係を撮影してみた。


f:id:corydalis:20190814205907j:plain
 室内だと壁に光が反射してしまうので、玄関先に出して見え方を確認してみた。ちょっと実際の見え方とかなり違っているが、相対的な明るさが近い画像を選んだのがこれ。
 ライトの光がサイコンの表面に反射してちょっと光るのと、ライトの光があまり入っていかないようで表示は暗く見えてしまう。周囲が真っ暗ならコントラストの関係でもう少し見やすくなるような気はするが、正直言って見にくい。セグメントが桁違いに大きい速度表示はまぁ確認できる範疇だが、手前の時刻や走行距離は影になることも含めて極めて見にくい感じだ。ライトやサイコンのステーの角度やそれぞれの取り付け距離などのセッティングを詰めたらもうちょっと見やすくなるかもしれないが、フツーに考えてサイコンのバックライトを使ったほうが格段に見やすい。
 体力気力が充実しているときなら、サイコンのバックライトの操作にしても問題ないし、ライトの反射を使うにしてもスピードを落とすなりして目を凝らせば済む話ではある。が、自分が想定している局面というのは疲れてしまってサイコンの操作をするにもダルく、ライトの反射では見にくくて目を凝らす余裕がないときに、実用範囲で確認できることなのであって、どうも両立しないようであるというのがわかってちょっと残念なところ。

EVANS CYCLESで久しぶりに買い物をしてみた。

 買ったのはMTB用シューズで、必要に差し迫ったものでもないので画像は撮ってない。
 かなり久しぶり。まぁ商品自体ではなく、システムについてちょっとメモしとこうかという観点。



 以前ウェアを購入したことがあって、当時は50GBP購入で無料配送だったような気がする。で、そのとき作成したアカウント上でメール配信にチェックを入れていたので、ずっと今までお知らせメールが届いていた。


 さて、シューズをバスケットにいれて、やれアカウントにログインしようとすると、これができない。まぁよくあることで、サイトリニューアルで顧客情報全消去だと思うのだが、そうだとするとなんで今までメールが配信されていたのか不思議な感じではある。普通に考えるとアカウントを作成してないと定期的なメール配信は受けられないはず。


 EVANSに面食らったのは、パスワード再交付の際にメアド知らせろというアレに対する対応の遅さ。顧客データベースをメアドで自動検索して再発行するだけの話なのだが、その再通知が遅いのなんの。結局アカウントが消滅していることがわかり、アカウント再作成するときの確認もやたら時間がかかった。注文確認メールでもそうだったのだが、こちらのアクションに対してのメールでの再確認が30分以上かかってた。なんじゃこりゃ状態。注文再確認メールがすぐ送られてこないので、これ本当に注文受け付けてくれたのか?と思って、サイトのアカウントにログインして注文履歴を見たら真っ白で、受け付けてくれてないようだから再度注文しなきゃならないのかなと一時間ほど悩んでいたら再確認メールも送られてきたし、ネット上のアカウントに注文履歴が記録されていたから、そういう仕様なのだと初めて把握した。


 但し、発送は早かった。パルシウムにつけるアクセサリー類をいろいろなサイトに分散して注文していたのだが、今の所ココが最速。大体一週間で届いてる。なんつーか、中元時期とも重なり、日本の配送状況が混雑状態になっているのか、川崎東の配送局で2日ほど留め置かれていたから、配送時間の約半分は日本でもたもたしていたせいではある。


 買ったのがMTB用なので実はパルシウムにつけるものではないのだが、EVANSは昔から割とウェアやシューズのお買い得品が強い印象。自転車やパーツあたりはだいたい高めなので他のサイト推奨。ウェア類も高めなのだが、他で取り扱ってないものがセール対象になると一気にお買い得感が高まる。残念ながら海外への発送料無料はもうやってないみたいだが、そういうニッチな選択に用途が合えばってなショップだと思う。


まちカドまぞく、いちおう最新話まで。

 いかん、これ個人的に今期一番の注目作かも。フツーに考えたら主人公のシャミ子のポンコツぶりを愛でる作品と思うんだけど、ライバルの桃に注目してたら一癖も二癖もありそうな感じ。
 桃は世界を救う魔法少女ということなのだが、なんかあってやめてるわけで、まだその理由は明かされてない。なのだが、その役割にそれなりの意義を感じていたら少々しんどくても魔法少女を続けているはずであって、おそらく過去に魔法少女はもうやってられないと強く桃が思うほどの出来事があったと考えるべき。で、魔法少女に関しては心神喪失状態にある彼女が、なんらかのつながりを持つ相手に、一般人ではなく本来敵であるはずの魔族であるシャミ子に目をつけたというところにもなんかあるはずで、そのへん先が楽しみではある。とはいえもう第5話。しょぼカレ見てみたら初回終了2019-09とはなってなかったから、1クールでは終わらないのか、一時的に1クールで終わっても続編は確定しているのかも。
 シャミ子は魔族といいながら、なにか人に害をなすという感じではない。その観点を除いて家庭習俗を見るに、先祖を敬い、イニシエーションの儀式があるというところから、これは伝統を重んじるちょっと前までの保守系のあり方なのであって、あ~そうなのねって感じ。逆に桃の魔法少女となって社会を救うという理念は、これはリベラルの考え方なのであって、これもそういう構造だと考えるとふーんって感じ。保守本流が廃れ、むしろ支持層下位から苛烈な搾取を行っているとか、リベラルが嘘をついて支持者を騙し、社会を救うとは口ばかりでやってることは自己満足であって本当に救うべき人たちを見殺しなのは日本の縮図。シャミ子が上級保守に搾取されている存在、桃が形ばかりのリベラルに失望しているのでは?と考えると、まぁ時流にあってんじゃね?とは思う。
 特に今回は、貧乏すると文化資本が蓄積されず社会から取り残されていくであろう様子をこれでもかと見せつけてくれているわけで、これ、シャミ子のポンコツぶりを楽しむどころか、結構キツい社会風刺なんじゃねぇの?という気はした。

本日はoiが届く

 実はパルシウム用のアクセサリ一連の注文の中でいち早く入手したかったのがこれ。


f:id:corydalis:20190811163337j:plain
 左が通常のoi、右側がLuxe版のoi。どちらもLargeで結構大きい。ハンドル径31.8㍉を舐めてはいけないと実感した。

f:id:corydalis:20190811163726j:plain
 ハンドル径が小さいものに嵌めるシムが付属しているが、このように本体の裏側についているので気をつけたし。


f:id:corydalis:20190811174342j:plain
 なんかピントが奥のブロックの方に合ってしまっているが、先日購入した中華サイコンの向かって右側につけている。車体色にあわせて通常版の黒を取り付けたが、たしかにこれだと目立たない。



 はっきり言って自転車用のベルなど、ついている自転車に乗っていてすら一度も使わないので、実用的には必要ないものなのだが、もしかして将来ブルベに参加することになれば必要らしいので購入をずっと検討してた。数年前にネットで検索したときは高いナァと思い、つい中華のパチもんを密林で見つけたので、これでもいっかぐらいに思ってはいた。それから時間も経ったし、もし本家Knogのに不具合が出てたらあとから出荷した製品は対策がされているだろうしと、ちょっと奮発したのだ。中華パチものも前回検索したときは散々の評価だったが、今回改めて検索してみるとそれなりに対策されているっぽい。が、なんというか、ベルに対する需要がそもそも少ないのか、中華パチものそれほどネットで目にしなかった。


 いちおう鳴らしてみると澄んだ音がして耳障りは悪くない。取り付け後にも試してみようと思っていたけど、実走したとき忘れてた。ま、いっか。
 Luxeのほうは、作りが通常版のよりしっかりしてるので、通常版が壊れたときの補充として購入しておいた。メタル色の自転車やハンドルに乗る機会もないだろうからアルミ色というのもどうかとは思ったのだけども、せっかくの高級感なのだから少々目立ってもよいかなという判断。
 基本使わないものなので、重りにしかならないんだよな。気が向いたら鳴らして音を楽しんでもよいのだろうけど、近くに人がいたら迷惑そのものだろうし。
 購入元はMerlin。これも購入目的だったが注文のメインは別。通常版が1500円程度、Luxeが3000円程度。日本で購入するより安いから、送料無料の基準に達するまでの穴埋めとして注文したけど、やっぱベルに3000円とか、自分でもバカかと思う。

中華新型?サイコン届き、試走してみる

 そろそろパルシウムにもサイコンを付けなきゃなと思って注文してた。前に画面が大きく見やすいと使ってた中華サイコンは、あれから何度か使ってみたのだけども、相変わらずの症状なのでもう使わないと決めてしまっていた。自転車を動かすと振動センサーが働いてすぐに起動するのは良いのだが、なぜか磁気センサーの信号を読み取ってくれないのか、速度測定をしてくれないのだ。電池はサイコン本体とセンサーの両方交換してたから電池切れはないはず。結局速度測定を全くしてくれなくなってしまったのでこんなモノ使うわけにはいかないとなった。
 実は、前のサイコンを購入して日本の密林にも同等品がいくつか出品されていたのでレビューを読んでいたのだ。結構自分のような症状の出ているものがあるらしく、やはり品管に問題はありそう。新しいサイコンを買うときにもちょっと目にしてみたんだけど、1000㌔使用した人のレビューがあって、へぇそんなに持つものなんだと驚いた。問題なく長期間使えるのであれば、画面はとても見易かったのでなかなか惜しい製品ではある。


f:id:corydalis:20190809201746j:plain
 発送梱包。


f:id:corydalis:20190809201824j:plain
 商品パッケージ


f:id:corydalis:20190809201915j:plain
 箱を開けて内容物を取り出す。


f:id:corydalis:20190809202002j:plain
 付属品


f:id:corydalis:20190809202124j:plain
 本体の電源は内蔵二次電池らしく、USBケーブルで充電して使う。ボタン電池のほうが電池切れのとき、コンビニなどで容易に調達可能なのでどうなんかな?と思わなくもないが、今どきだとスマホ前提の世の中らしいので、パワーバンク必須ということなのかな。ちなみに充電中、センサーにマグネットを揺らしてたら信号を拾っていたので、充電中も使用可能と思われる。


f:id:corydalis:20190809203317j:plain
 センサーの電池蓋はコインで開閉ができるやつ。律儀にボタン電池放電防止の絶縁紙が挟んである。


f:id:corydalis:20190809223727j:plain
 ステーに取り付けて表示させてみる。前の中華サイコンより表示部は狭いが、視認性は特に問題ない。


f:id:corydalis:20190809224036j:plain
 部屋の電気を消してバックライトを点燈させてみた。暗中での撮影はリアルな見え方にするのがとても難しいが、だいたいこんな感じだったと思う。


 日本の密林にも出品されているのかと自転車のサイコンカテゴリーを探してみたのだが、なかった。レビューがあれば参考にしようと思っていたのだが、あちらでも発売されてそんなに間もないらしい。仕方がない、人柱にならざるを得ないかと購入したのだが、結論を先にいうと、機能自体は悪くない。というか、前の中華サイコンより機能はよくなっているし、自分の用途にかなりあてはまっていて好印象。あとは長期使用に耐えることができるかどうかだけ。


 表示パターンは二種類だけに割り切っており、そのうちの一つが自分が必要としている走行距離と現在時刻が同一画面に表示される。これがありがたい。速度表示がバカでかいのはともかくとして、残りの表示が結構小さいのだが、実走して視認してみると表示がわからないということはない。


 夜間走行ということで、バックライトの表示なのだが、これが結構実用的。まず、他のサイコンだとバックライトをつけるボタンをポチると、数秒表示して自動的に消えるようになっているのだが、これは点燈しぱなっしになる。
 但し、バックライトを点燈させるのはちょっと面倒で、下にある側面のボタンの2つを同時に長押ししなければならない。とはいえ、人差し指を上辺の側面に引っ掛けて、親指を両方のボタンに乗せて押せばオッケーなのでそんなに難しいものでもない。商品ページだとバックライト長い時間点けられるという触れ込みで、正直どれだけ信じてよいのかわからないが、電池の持ちを気にするのであれば付けっぱなしにしなければよいわけで、そのへんは個人個人の運用次第と言える。
 明るさも必要十分で、むしろ電池の持ちを気にするならちょっと明るすぎると思われるぐらい。なんかこの性能のおかげで、前回光ファイバーで作った、フロントライトの光を誘導して常時確認できるようにしたものがおそらく要らなくなる。


 ホント問題は長期使用に耐えるかぐらいのものだが、まぁ他に気になるものとしてやはり電池の持ちもある。そのへんはおいおい確認していくことになるだろう。あと商品ページにはレビューがあって、気になるものとしてはスマホなどの電子機器との同時使用でサイコンが誤作動を起こすから、ワイヤレスでなくて有線のを買っとけというものがあった。自分携帯端末を持っていないのでそのへんの心配はないが、今どきだと懸案事項の一つではあるだろう。あと、いちおう防水を謳っているが、USB端子の防水が気になるから注意しとけというレビューもあった。これはちょっと心配ではある。端子カバーのゴムが薄いし、しっかり嵌っているというものでもないので、その懸念はあって当然だと思った。


 というわけで、なかなか期待感を煽る製品。ステーがビーム式でない、ハンドル直上に取り付けるタイプのもあってそちらは安いのだが、自分の購入したのは、ステーがビーム式、無線で送料込みで24USDぐらい。これで耐久性があったらキャットアイ敵ではないと思う。