サイコ3やっぱりやっちゃったね。

 まぁ予想通りというか。あのね商法だったという。正直なところ、今までの話の流れで、割と飽き飽きしてたという部分もあるので、これでおさらばということであれば、いわゆる足切りとしてはうまく機能してんのかなと思わなくもないが、どんなにダメな作品でも最後まで視聴して全体を評価するという立ち位置なんで、なんかもやもやすると言われたらそう。
 どうせ劇場版は視聴するつもりもないし、仮にTVで公開するとかネット配信するにしても時間をかなりとってのことだろうから、おそらく劇場版も含めた全体の評価をする機会はおそらくないと思う。ので、現段階で思ったことをちらほら。


 数話見て自分が違和感を持ったのは、シビュラシステムという管理システムをアップデートするなりの新しい知見がまったく提示されなかったこと。この最終回で、ビフロストというのがシステム構築以前からの存在というエクスキューズがされてたが、それもヘンな話で、1で盛んにパノプティコンと言ってるわけなのだから、シビュラシステムは日本社会全体が監獄であるということであって、監視社会でもあり、管理社会でもある。ドミネーターや色相観察は監視システムに属するし、適性をシビュラが判断して進路を決めるのは管理システムに属する。そういうガチガチの管理社会でシステムの隙間を縫って存在して活動するというのは、ちょっと前提条件崩し過ぎじゃないですかというのもあるし、システムの凄みを自ら毀損していてもったいない。システムに沿わない存在も監視システムで当然検知しているはずで、フツーにありえなくないですか?という感じ。免罪体質云々いうなら尚更。


 自分が気にしてることに社会問題のビルトインがあるが、今回政治における大衆操作や移民問題があって、これがわかりやすい形で提示されているんだけど、政治のほうもちょっと扱いが軽すぎるし、移民問題は個人的には論外に近い。そもそもシビュラシステムにおける政治の必要性とか???だし、シビュラシステムを盤石にするための都合の良いい存在が政治家として選ばれるのかと思ったら、そうでもないという。しかも当選者も政治能力が高いというわけでもないようだし、現実の日本の政治状況とそれなりに対応させてみたんだろうけど、コレを通じて一体何を言いたいのかよくわからん。
 移民問題が論外というのも、1では確か農業プラントが完全無人化されてたはずで、国民に必要な食料は無人で十分に供給されてるという設定なはず。天候に左右される農業でそうなんだから、当然コントローラブルな工業はもっと人が要らないはずで、おそらく世界観としては人々は単純労働はない世界で、クリエーティブな仕事をしてると想像できる。あとはメインキャラのような管理側として。ならば、低賃金労働者としての移民は受け入れるはずがないし、そうでない移民ですら管理コストを考えたら普通は輸入しないはずで、これもアレ?といった感じ。今回描写された移民はほとんどが弱者的なものが多くて、フツーに考えたら移民受け入れはリスクしか無くてあの状況が世界観にそぐわない。やはり日本の現状を作品に投射したんだろうけど、浪花節的ドラマの修飾でしかなくって、主張自体が薄っぺらい。


 というわけで、世界観をぶちこわす、社会問題も真剣に扱うつもりもないというわけで、個人的にはあんまサイコパスの名を冠するに値しないんじゃないかという気がしてる。ただ、ドラマ部分はいわゆる泣かせだとか、緊迫感の演出としてはそれなりに完成度が高くて、これがたまらんF1層あたりは喜びそうな気はする。監視官に情けを示されてほだされる執行官も、そのエピソード単体で見ると悪くはないのだが、物語全体のスパンで見渡すと、人間関係あんなに単純なものなのかな?という気がしないでもない。ただ、今までのおおきなおにいさん向けの萌えアニメが、男に都合の良いヒロインを見せてブヒブヒ言わせていたことを考えると、それのおおきなおねえさん向けの萌えアニメと考えると、割とクォリティの高いエピソードにはなってるわけで、それほど悪いとも思わない。


 1が絶賛するほどよいものか?と言われると自信がないが、それでも視聴した当初は迫力が感じられたし、こう一旦ハンマーで殴られて、この作品は一体何が言いたいのか視聴者として後追いさせられるだけの先進性があったと思うんだが、3のほうはキャラの相関関係に終始して凄みも何もあったもんじゃないという。1の虚淵が2では降板して冲方に変わったようで、それでも2のほうは世界観を壊してもいなかったし、こう社会人としてのペーソスだとか、そういうものがあってそんなに違和感はなかったのだけども、3では前回も述べた通り、シロートが都合あわせでつくったファンアートの範疇のように感じる。視聴している最中は退屈しないし、フツー30分枠の20分間ではなく、一時間枠の40分をノンストップで集中させるのだからたいしたもんだけど、自分がサイコパスというシリーズに期待してるのはそういう部分ではないという。


 しかしなんだな、今期のアニメは良い意味でも悪い意味でも先入観を覆させられるものが多くてなんか自分でもビックリ。原作付きのものは自分の情報不足だから単純に勘違いでしかないんだけど、それにしても、期待度が大きかった俺好きや暗殺者、けもの道、そしてこのサイコ3が自分の想像を超えた期待はずれだったのに、期待度薄かった慎重勇者や超余裕をかなり楽しんで視聴してるんでわからんもんである。

艦これ秋?イベE2クリア

 昨夜あとひと押しまで攻略を進めてたのだけども、時間をおいてゲージ破壊。
f:id:corydalis:20191213203828p:plain
 蒼龍はサブ。他の人は愛宕高雄を使う編成が多いようなのだが、他の海域で使うほうがよいだろうと思ったし、鳥海おそらく特攻はE2だけのようなので、やはり愛宕高雄を温存するためにわざわざ最短ルートを解放することにした。駆逐もE2特攻の三隻を入れる。1.25倍なので、特攻なしのC砲陽炎型やD砲夕雲型ぐらいの攻撃力になると期待。
 ルート開放は道中空襲マスに陸戦3偵察を集中して投げた。道中支援を入れるとA勝利は割と易しい。ロケラン天霧、200ぐらいの与ダメでよく燃やしてくれるが、さすがに戦車込みのセットと比べると劣る。まぁカミ車も戦車も乗らないのだから贅沢言わない。
 ゲージ攻略だが、削りは鳥海ローマ駆逐4の順。撤退1と削りきれないことが1あったほかは順調。陸攻4をボス前とボスに分割して投げた。ゲージ破壊は陸攻4をボス集中。ちなみに2出撃した。最初は空襲マスで旗艦のローマがまさかの大破。疲労抜きなしで怒りの出撃でクリア。夜戦時既に大破した旗艦のみだったが、駆逐3が大破していた上にローマや残っていた秋月が一桁から20程度のカスダメでアレ?と思っていたら、猛り狂っていたのかデッキ順最後の鳥海が200超えの連撃二発であっけなく昇天。道中・決戦支援あり。大破撤退こそしたものの、あまり苦労したという印象はない。

なんか今週はさいころの出来がよさげ。

 慎重勇者まさかの総集編二回目。制作進行上のといってるからまぁ納品遅れで間違いないだろう。司書もやはり身食いに感情寄せ過ぎで、ここまで来ると病気というより、中世あたりにあった悪習かなんかのメタファーなんだろうかと勘繰りたくもなる。しかし司書全14話かぁ。年末進行だから普通全12話にしちゃうと思うんだが、確かにこれでは尺が足りないとは感じる。とはいえあと3話で本づくりまでやれるのかどうか。また変則2クールなのかね。
 さて、さいころ倶楽部、今回は割と出来が良かった。翠がゲームをリファインする話ではあるのだが、基本的に彼女がやったのはおそらく無意識にインテリアフロアマネジャー坂本の思いを具現化したという話であって、あんまりゲームそのものに対する完成度その他の要素は薄いように見える。翠が家具屋の社長令嬢ってのもなんだかなぁといったところなのだが、それはさておき、彼女自身は家具そのものに対して基本無関心であって、たまたま坂本の思いに触れた記憶をモチーフにゲーム化が浮上していたんだろう。そして坂本自体は翠のゲームに対する思いに関してはおそらく何も知らない状態。ところが、坂本の家具への思いというのが大人としての生き様として翠に有形無形の影響を与えていて、それがその当時ははっきりした形にはなっていなかったんだけど、ゲーム化を通じて人々の家具に対する関心という切り口で社会を再構成してみせるという顛末になってる。坂本を一つのハブとする家具ネットワークと、翠を一つのハブとするゲームネットワークは全然コミュニケートしてないんだけど、そういうネットワークの埒外にある坂本と翠の関係性がゲームという一つの成果として結実してしまうというのが結構面白い構造。ゲームデザイナーとしてやっていくためには、自分の過去の経験や動機がないと社会をある切り口で再構成できないというのは致命的なはずなので、これは一つのファンタジーでしかないんだけど、翠が仮にゲームを作る時には、今回プレイヤーとデザイナーを重ねてみせたけど、今度はプレイヤーの動機を想像できるようにならなくちゃいけませんよというだけの話であって、提示自体はいわば一つの完成形。
 あと今回感心したのは、坂本だけじゃなくて、店長やヘレスフォード、そして同年齢帯ながら精神的には大人のエミーリアなどの大人のあり方に触れて、翠が大人に成長していくという形もまた世代を通じていろいろ受け渡しがあるって描写になっているとこ。そりゃ主人公が置いてけぼり感を持つのも当然というか、成長モノとしては自然な展開。
 お話的にはゲームが出来上がるって形になってるけど、それがゲームでトップを取れたら嬉しいだとかそういう話ではなくて、結局の所家具を欲しいという気持ちやコーディネートしてワクワクするという感情を具現化していくというその過程に注目させるところにキモがあるのであって、おそらくゲーム自体は目新しさが無くなってしまえば飽きる性質のものではあるんだろう。そして今回は割とそのへんの埋め込みがそこそこバランスよくて見てて心地よかった感じかな。

城姫クエスト、レイドイベント終わったが、うーん。

 いちおう250位以内に入って、報酬の新城姫貰ったが…
f:id:corydalis:20191211221044p:plain
 箱くじ金、武将最後まで引けなかった。
 ボックスガチャのように見えながら、その実無制限報酬が補充されていくから全然ボックスガチャではないという。しかも報酬のドロ確率も明らかにされてないからなんじゃこりゃといった感じ。納品型の強豪、どちらもLv99以上だったから箱くじ拾えるものはほとんど拾ってるはずだが、こんなこと初めて。
 ちなみに特攻アイテム、全41個貰ったのだが、結局11残った。アイテムがイベント後に残ってもほんのちょっとの資材にしか交換できないので、すべて使い切っても構わないのだが…。今回はイベ締め切り時間までギリギリモニターしてたけど、最後の一打で順位が3位ガクッと下がったから、もう何人かにそれやられたら250位から放り出されるところだったので、余裕持って殴っとけという話ではある。


 城姫クエスト、実はもう何日も前にプレイ開始から1年たったのだが、よく続いているなといった感じ。イベント自体は単純作業の繰り返しですぐ飽きるのだが、日にちょくちょくログインして10分ほどプレイしたらブラウザ閉じて時間経過を待つというスタイルなので、時間拘束が少ないのは利点。ただ、やっぱりそういうのは他のユーザーも飽きるらしく、この一年プレイし続けていると、新規にユーザーが入っては来るがすぐ飽きてログインされなくなるみたいな循環になってるんじゃないかと思う。仲間システムというのがあるが、他のユーザーの申請を受け付けても途中でやめてログインしなくなるひと結構いる。それなりに課金している人もいるようだが、特攻姫を確保するまで課金するユーザーはランキング上位にいて、多めに見積もって20~30人ほどのように思うから、結構ゲームの収支はキツいんじゃなかろうか。かといってガチャ券で特攻姫を大盤振る舞いすると課金するのが馬鹿らしくなるだろうし、そのへんさじ加減は難しそう。


 自分の楽しみどころは結構微妙で、ゲーム性についてはポイント効率を重視するだけなので正直めんどいだけ。新姫が追加されるタイミングで実際の城郭をネットでggって知識を新しく追加するってところで楽しむぐらい。あとはゲーム中に挿入されるストーリーだが、これは本気で読むものじゃないので、ゲームの本筋じゃない。とはいえ、ゲームを通じて歴史に興味を持ってもらうために初心者向けに史実のストーリーを大幅に城姫基準で脚色したものが時々あるので、それがちょっと楽しみになってるかなという程度。ゲーム性に期待して楽しめないので、テキスト部分に意味を見出すしか無い。
 でもまぁ、自分もそれなりに手間かけてはいるので、イベント報酬の新城姫が入手しづらくなったらやめるとは思う。仲間システムの中で一人だけお気に入りの城姫をメインで使って、メインほどの特攻効果は得られないんだけど、ほんの少しの特攻効果が得られる城姫すら使わないで、マイペースで楽しんでるユーザーがいるのだが、正直うらやましいと思う。自分どうしてもイベントに参加するなら、それが可能なリソースがあるのに、報酬入手を最初っからあきらめるとかなかなかできることではないと思っている。250位以内に入れなくても、500位以内でも、既存のSSR城姫が報酬で貰えるし、500位以内でなくても到達報酬やログインボーナスでSSR城姫が貰えたりするので、日に一回のログインで最小限のプレイスタイルを取っていても、それなりに手持ちが充実していく。結局自分もあさましいだけで、達観できないんだなと思うのだが、なかなかそこまで割り切るのは難しいねぇ。

艦これ秋?イベE1クリア

f:id:corydalis:20191209045803p:plain
 特に難しくもなかった。大淀はサブ。いちおう道中支援あり、決戦支援なし。ゲージ1はストレート四回、ゲージ2は道中大破撤退1。ゲージ2のときは撃ち漏らしからの閉幕雷撃で大破する可能性大なので、道中支援あったほうがよいかも。

ぼく勉文乃解決編、戦恋そろそろかな

 うーん、ぼく勉、いかにもいい話に仕上げてるんだけど、泣きぼくろちゃん母のビデオレター、どう考えても父が反対するからその時はコレを見せろとばかりの仕立てになってるの、あまりにも出来過ぎ感がある。しかし、文乃母、冷静に考えると高校のときは数学苦手で、それで大学の数学科経由で学会にその名を轟かすほどの業績を上げるって、どう考えても父親が好きになったから高校のある時期に一念発起して自力で頑張ったとなるしかないんだが、これでいいのか?。まぁ途中で努力して成果を出すってのは、泣きぼくろちゃんの前途は洋々たるものって理屈付けだが、これはこれで強烈な先天的能力になるわけで。とはいえ病室に高校時代の数学答案を持ち込んでいるというのがなんかオカシイ気はするので、そのへんなんらかの母のごまかしがある可能性はある。
 で、泣きぼくろちゃん、主人公争奪戦に正式参戦。他のヒロインの気持ちを知っているから状況的に泥棒猫なんだけど、いちおう正統派ヒロインなんだからそのくらいのハンデをつけとけってことなのかも。



 戦恋、あと数話なんでもう構図がひっくり返ることもないと思うので整理しときたい。
 自分が数話見て気にしてたのは、主人公に同性の友人がいないこと。これ、物語がジュブナイルなら大抵避けて通れないポイントのはずなんだが、ホントきれいさっぱり親友どころか男の理解者すらいない。主人公は見かけが怖いというだけで、人間としてそれだけはなくっちゃいけないだろうという部分での欠けたところはないようだし、女に好かれるだけの資格も描写されているし、それはすなわち男の友人がいてもおかしくない資質にもなってる。
 そして、ちょっと他の物語と違うのは、主人公が社会で孤立していながら、それでいて努力の方法は社会との良好な関係を築くという方向ではないこと。主人公自体は孤立を良しとしているわけでもないし、社会を救うという方向性なのに、ちょっとこの流れは異質。かといって社会の側が主人公を受け入れるというものでもない。あくまでヒロインズの「神」というむしろ社会から超越した存在から認められている。
 戦いもそう考えてみたら異質であって、神族の敵方に操られていたとはいえ、社会が主人公を攻撃する…だとか、主人公が社会のために戦っているのであればせめてその戦いの風景を社会に公開して理解を得るというシチュエーションにしてもいいのに、わざと戦いの場を社会から隔離して異次元空間で戦うとか、やはり社会と関係を構築するって感じにはなってない。最近の話を見ると、主人公とヒロインズは、「セカイ」は守るつもりだが、「社会」そのものはべつにそれほど守るつもりがないようにみえる。
 というふうに、冷静に考えたら、これでムフフな描写と合わせてみると極めて気持ち悪い世界観ではあるんだが、とはいえ、視聴中に気持ち悪さを感じることはないし、こうやって気持ち悪い世界だと把握したところで、作品全体が気持ち悪いとも思わない。これは個人的な感覚ではあるが、日本の現状だと、社会は無条件で守られるべきもの…という認識でもないんだろうなと思ってるのが一つ。今になってどうやら就職戦線でもコミュ力重視に疑問符がついてきているようで、関係性を優先順位に置きすぎた社会もロクでもなかったなという反省が漂いつつあるからかもという気がする。


 で、この作品をこう謂れもないイジメにあってる層に対しての応援歌のように思わなくもないのだが、かなり早い段階で自分の念頭に浮かんだのは、これ、婚活市場の描写なんじゃね?ということ。主人公、土地持ちだし、定期考査という形では数字に出ないけど、決して学力が低いわけでもない。それにヒロインズが群がってる状態。いろいろ見てきたが、ヒロインズはそう決められているからというのもあるのだろうが、他キャラと比較すると主人公が婚活市場での優良物件に見えているわけで、嫁でなく恋人ということであれば、一夫多妻が許容されている世界観なので主人公の気を惹く競争をしているだけのように思える。いわゆる理屈抜きで好きになっているわけでなく、婚活市場での優良物件だから好きになる努力をして、付き合ってみれば別に悪い男でもないわけで、徐々に関係性を深めているだけのように見える。主人公は主人公で、そもそも相手が押し寄せてくるのを不思議に思っているわけで、そりゃ男だから性的関心がないわけじゃないけど、基本相手が好きだと言ってくるから失礼のないように合わせているだけで、基本すべてに戸惑っている感じ。
 そう考えると、たしかに主人公とターゲット層を重ね合わせてラッキースケベを疑似体験させるハーレムものだという形はとっているんだけど、単純にハーレム展開バンザイの構図にはしてないような気はしてる。


 さて、ようやく満を持して一千花が正式に顔出ししたわけだが、思いがけずツボにハマった*1。隊長、自分が性的存在であることをわかってもおり、おそらくそれを受け入れているからこそ他人には強がって見せてるんだなというように想像できてしまうので、個人的には他のヒロインより全然格が違うと感じる。今まで顔出ししなくても登場はなんどもさせてるわけで、これだけ引っ張って引っ張って、あとラスト数話になって担当回を作るの、やはりアニメスタッフも一千花の重要度をわかってやってる感じはする。

*1:個人的には彼女がこの作品の中で一番カワイイ。めんどくさそうに見えるが、一歩彼女のインナースペースに踏み込めれば強固な関係性が築けそう。

サイコ3そういやもう残り1話なんだな。

 うーん、正直なところ、あと1話で広げた風呂敷畳み終えるんだろうか?と心配になってる。「続きは劇場版で」って匂いがプンプンするのだが、一時間枠なので次で話を閉じるのは別に不可能でもないんで、まぁそのへんは見てのお楽しみかな。
 次で評価が変わるかもしれないんだが、個人的な印象は、虚淵の作った世界観を利用したFAという感じ(要するに二次創作)ってとこ。冲方丁、マルドゥックスクランブルで知っていつか読まなきゃとは思っていたのだが、残念ながら読む機会がない。天地明察は読みやすい小説だろうし、なんやろ?、嫁さんとDVで揉めてキレがなくなっているのかなと下衆の勘繰りをしてしまうんだが、フツーにおおきなおねえさま向けにチャチャっと仕上げただけで能力を深堀りに使わなかっただけのようにも思えるのでなんとも。
 個人的にツボったのは、「犯人が死なないと事件は終わらない」というセリフ*1。当人は自分がやってることを犯罪だと自覚してるわけで、外部から止める手段がなければ歯止めが効かない。権力側だったら次は露見しないよううまくやる…ってやり方を変えるだけで、悪いことだから少しは自粛しようとはならないのを、今、この瞬間も、誰もが目にしてるんで、本気で止めるんだったらもう当事者を殺すしかないってのはまぁそりゃそうだよなとしか。

ルフレ、金鍵SR取れてしまう。

f:id:corydalis:20191206200142p:plain
 10回引き、1+4で引けてしまう。



 今連勝SRを取り尽くして、マカロン1個取得、2個めに入ってる。本当にマカロン一切取らずにレイドを終えたら、ランキング1万位を超えてしまうため。なつかしソーダは2万位まで貰えるので別にのんびりやってもよいのだけども、炭酸百個ぐらいなら回復可能かと割り切った。いちおうマカロンは2~3個取って終わるつもり。攻援が中途半端になってしまうがフルマカはちょっとしんどい。ホントはマカロンをすべて諦めるか、フルマカにするかどっちかのほうが無駄がないんだけど…。

*1:灼はもう不殺の誓いでもしてるのかという行動様式なので、このセリフは彼にしては強すぎる言葉